THE PARK・ING GINZA

駐車場に隣接する、“刹那的”コンセプトストア

デザインコンセプト
担当:荒木信雄/アーキタイプ

「THE PARK・ING GINZA」は、アーティスト・藤原ヒロシのディレクションによるもので、「the POOL aoyama」に続くプロジェクトとして進められてきたコンセプトストアである。the POOL aoyamaの時期から3つのプール構想があった。青山でのプール、新宿伊勢丹でのプールバー、そして、場所は未定だったが駐車場をつかったモータープールというものだ。その後、プロジェクトが進んでいく中でいろんな縁が重なり、西銀座駐車場に隣接する銀座ソニービルでの実現にいたった。

ロケーションは、銀座・数寄屋橋の交差点に面する銀座ソニービルの地下3階、4階に位置している。今回のスペースの特筆すべきひとつのポイントは、地下3階部分に隣接する西銀座駐車場に直接面しており、利用者が(車でさえも)直接アプローチすることができることだ。まさにこの特殊なロケーションが、今回のプロジェクトの中心となっている。

また、この西銀座駐車場も独特な構成をしている駐車場である。数寄屋橋交差点から新橋駅まで長く続く外堀通りの地下部分にあり、800台の車を収容しながらもレンタカーや待合休憩スペース、飲食店などのテナントが同居する構成となっており、都内にある駐車場の中でも独特な空気感を持っている。

その西銀座駐車場の都市の中での独特の存在感、テナントとの共存の仕方に着目し、それらといかに共存しながらストアとして成立していけるかに注力した。ストアの構成はカフェや物販、展示のスペースをあえて混在させている。それぞれは不定期に用途が変わったり、時にはそこでいろいろなそれを読むなどを展開していけるようになっている。東京の魅力のひとつである刹那的な感じを空間化することで、利用者を刺激し、魅力と感じてもらえる存在(空間)とした。

そしてその刹那的フレキシビリティに追従するために、建設現場で使われている仮設材を用いて空間を構成した。それは上記に挙げたフレキシブルへの追従もそうだが、西銀座駐車場で多く使われている材料に着想したものでもあった。ここでの素材感や空気感も西銀座駐車場を拡張し、取り込むように心がけた。この「THE PARK・ING GINZA」は、都市の状況に共存し、違和感なく“違和感”をつくりだしている、まさに「東京」そのものである。

所在地 東京都中央区銀座5-3-1 ソニービル地下3~4階
設計 荒木信雄・岡村健太(荒木信雄/アーキタイプ)
設計協力 株式会社丹青社
施工 株式会社丹青社
竣工 2016年3月
構造 SRC造
階数 地上8階、地下5階、搭屋3階
敷地面積 707.27m2
建築面積 628.2682
延床面積 B3階 247.89m2、B4階 477.74m2/ 計 725.63m2
撮影 PHOTOGRAPHER/Atsushi Fuseya(magnet)
http://best-cooler.reviews

honda.ua/motorbike/kross_off_road/crf250r/opisanie_modeli/

velotime.com.ua