LHM kindergarten

山・丘・湖など自然風景から発展させた要素を、空間に点在させた保育園

デザインコンセプト
担当:落合守征/株式会社落合守征デザインプロジェクト

江東区の保育園「LHM kindergarten」の教育方針は、自発的に考え、学び、行動ができる子どもを育てることであり、そのような教育に相応しい環境をつくることが望まれていた。また、ガラス窓に面して外庭があるので、屋外の自然環境を積極的に内部に引き込み、季節の変化を豊かに感じられる空間づくりが求められた。

そこで、子どもたちが自然の中で工夫しながら自由に遊びを創造していくように、山・丘・湖のような地形を構築し、多様な使い方を喚起する場所をつくり出すことを試みた。

「湖」の空間では天井に湖のような形のミラーが広がり、晴天や曇り空の光、朝日や夕暮れの光など、季節や一日の自然光の変化を繊細に感知して移ろいゆく瑞々しい空間を提供する。また、子どもたちの活動を写し出すことで活気を増幅していく。反射した像が伸びやかに広がる全体の風景は、子どもたちに自然現象の驚きや日々の活動の楽しさを拡大する環境を生み出した。

「丘と山・洞窟・小屋」の空間では、グリーンの「丘」が音楽会では座席、演劇では舞台場、作品発表会では展示台など、さまざまな使い方ができる。赤・青・オレンジ色の「山・洞窟・小屋」は、山として上に登ったり、椅子として利用することも可能。洞窟や小屋として、内部で読書やかくれんぼをしたり、自分だけの空間のように楽しめる。

壁面や遊具表面には、オレンジ色と黄色の夕日のようなグラデーションや森の緑のグラデーション、山型遊具の滝のようなグラデーションなど、自然現象の多様な色彩を意識した躍動感溢れる色が広がっている。子どもたちは色彩のリズムに包まれ、心地よい居場所を探し、思い思いの遊びを展開していく。自然風景から発展させた要素を空間に点在させ、多様な使い方やさまざまな行為を誘発する地形のような遊び場をつくり出した。子どもたちの創造力を喚起し、さまざまな能力を開花させる空間の実現を目指した。

所在地 東京都江東区木場
設計 落合守征、筋師和花奈、増田茉里奈/株式会社落合守征デザインプロジェクト
施工 aslego
特殊塗装 ヤマグチオサム
主要用途 幼稚園
撮影 石田篤
www.steroid.in.ua/products/anapolon

thailand-option.com

https://vorteleather.com.ua