さいたま市子ども家庭総合センター「ぱれっとひろば」

子どもの多様さを色彩と捉えた、創造性が育まれる遊び広場

  • Facebook
  • Twitter
2019/3/20 12:05
デザインコンセプト
担当:田中利岳/丹青社

子どもや家庭をとりまく課題解決のために、専門相談機関やこころの健康センターなどを備えた子育て支援施設の1Fに広がる、乳幼児対象の遊び広場。核家族化が進み、現代の親が抱える子育てによる孤立化など、子どもだけではない「家庭」の問題を気兼ねなく相談できる設えと、子どもが自発的に創造性を高められる空間を目指した。

手立てとして、言葉にはなり難い子どもの心と体の多様さを色彩と捉え、その多彩な色彩すべてを受け入れ、親子の自由な関係を育む1枚の大きなおおらかなうつわ(ぱれっと)を広場のコンセプトとした。空間の彩りは、子どもたちによる和紙を使ったワークショップの作品素材を取り入れ、「さいたまカラーぱれっと」を指針として整備。エリアごとに色彩豊かな自然環境をテーマに据えて構成した。サインは本物のパレットにUV印刷し、イーゼルで案内を立て掛けるなど、ぱれっとから連想、派生する世界観を演出した。

ぱれっとひろばでの親子のふるまいが、にぎわい、触れ合いとなって滲み、新たな色彩ある未来を描くきっかけになることを期待している。

事業主 さいたま市
所在地 埼玉県さいたま市浦和区上木崎4‒4‒10
「さいたま市子ども家庭総合センター あいぱれっと」内
プロジェクトリーダー 加藤剛/丹青社
デザインディレクション 田中利岳/丹青社
プランニング 善野英恵/丹青社
デザイン 内海理美/丹青社
グラフィック 丹青社、uogishi design、HR-FM、佐藤雅晴
プロジェクトマネジメント 真下政之/丹青社
制作・施工 鈴木翔悟/丹青社
展示面積 700m2
撮影 河野政人/ナカサアンドパートナーズ
さいたま市子ども家庭総合センター「あいぱれっと」
丹青社
ремонт в однокомнатной квартире

how to become a surrogate

https://ecostyle.kz/katalog/gazovye-kotly/nastennye/