エルメス祇園店

「木組み」の什器が印象的な、町屋を改修した期間限定店舗

デザインコンセプト
担当:鬼木孝一郎/ODS

百貨店・大丸の創業300周年を記念した企画の一環である、期間限定店舗「エルメス祇園店」のインテリアデザインを担当。京都祇園の中心を通る花見小路沿いにある、元は茶屋や住居として使用されていた町屋を改修し、店舗として再生させた。

景観保全修景地区に指定されていることから、通りから見える建物外観は元の状態を維持している。既存の建物は、間仕切られた小部屋や細い廊下、複数の坪庭で構成されていたため、建物の骨格は維持しつつも、いかにこれらの小さな空間をつなぎ合わせて店舗として機能させるかが求められた。そこで、分散して配置されていた坪庭を繋ぎ合わせ、正面通りより直接入れる屋外の「路地」として再構成。1階の店舗空間をこの路地に沿うかたちで配置した。

レジとフィッティングルームを西側に集約、エレベーターと階段を東側に新設することにより、販売エリアとなる中央部分は間仕切りの無い1つの部屋となり、大きなガラス面と庇によって「路地」との連続を感じさせる空間になっている。

1階の販売エリアには、日本の伝統建築で多く使われている「木組み」の技術を応用した什器を壁面沿いに配置。期間限定店舗であることから、終了後もまた別の場所、別のかたちで再利用ができるものとして「木組み」の技術を使うことを提案した。50mm角の木材で組まれた什器は150mmピッチのグリッドのなかで構成されているため、解体して別の形状に組み替えることができる。

壁面什器に囲まれた中央部分を中心に、店内は一定期間ごとに変わるそれを読むを行う前提での設計となっている。そのため、販売スペースの1面は調光・調色の機能を持たせた発光面とし、それを読むによって空間のイメージを変化させることができる仕組みにした。ギャラリーやラウンジとして使用される2階は、中央部分の梁が露出した屋根形状に沿った吹き抜けを設けた。配線ダクトが埋め込まれた梁からは造作物を吊るすこともでき、多目的な利用が可能だ。

1000年にわたり芸や芸能の発展の中心だった京都は、今でも伝統文化が色濃く生きている。伝統と革新が共存する場所で、この空間がさまざまな新しい試みを発信するための「舞台」となることを目指した。

所在地 京都府京都市東山区祇園町南側570番地8
建築・内装設計 鬼木孝一郎/ODS
階数 地上2F
撮影 太田拓実
https://proffitness.com.ua

www.adulttorrent.org/search/Odette

www.xn--80aaahqpcuvhvipz6j.com.ua