ギークス株式会社

フェイクではなく本物の素材を使うことで「居心地の良さ」を演出したオフィス

デザインコンセプト
担当:松永航/DRAFT Inc.

眺望が良いガラス張りのビルの、9F・10Fの2フロアに渡るオフィスへの移転プロジェクト。社員が自由に使える10Fのフリースペースの設計にあたり、クライアントの要望は「居心地の良い空間」をつくりたいというものだった。

同社の代表が以前に訪れた、アメリカ西海岸地域のリラックスした雰囲気を取り入れ、白木仕上げの木材やテラコッタタイルを使用したラフなデザインに。西海岸というコンセプトがチープな印象にならないよう、素材はフェイクではなく本物の木材やタイルを使用することにこだわった。全体的には無骨でラフなデザインだが、壁面の木素材はスギ材を調達して現場で塗装を施し、会議室のサッシにも木材を削り出した材料を使用。ディテールへの細かいこだわりが空間を引き締め、洗練された雰囲気を演出している。

フリースペースはワークスペースとは別フロアにある空間であり、訪れる人の用途もさまざまである。エリアごとに異なる家具を配置したり、椅子の張地一つ一つにこだわったり、空間の高さを変化させることで、その時の仕事に向き合うスタンスや一緒に仕事をしている人との距離感など、多様なシチュエーションに合わせて使い分けることができ、使い勝手の面でも自由に過ごせる空気感をつくりたいと考えた。本物の素材に触れて過ごすことで、味わいが増すほどに安心感を与えるオフィス空間となった。

所在地 東京都渋谷区
平米数 900m2
設計 松永航/DRAFT Inc.
竣工 2016年2月
撮影 枦木 功
iq option เทคนิค

離婚させたい

немецкие кухни