Dappled House 3F / DAQ Office

看板商品をモチーフにした間仕切りで、働きやすい環境を実現したオフィス

デザインコンセプト
担当:元木大輔/DDAA

元々はフレンチレストランが入居していたフロアを改修して、「Andmesh」や「Squair」などのiPhoneガジェットブランドを運営する株式会社DAQの24席のフリーアドレスオフィスをデザインした。

大きなワンルームの執務室と、その他会議室や社長室などの小部屋を、パンチング状に穴を開けた黒い間仕切り壁で仕切っている。南と東側からの採光をすべての席に確保するためにワンルームのプランにしたが、それだけでは各々の席が単調になり、単純に席の個性が日当たりの良さによって決定してしまう。フリーアドレスの利点を活かしてその日の気分で席を変えられるように、一般的なデスク席に加え、日当たりと眺望の良い窓際の席、スタンディングやハイスツールで作業ができる少し背の高いデスク、また集中したい時や人に見られたくない時に使うことができる漫画喫茶サイズの篭り席など、いくつかキャラクターの違う席を用意することにした。

漫画喫茶サイズの篭り席は、家具用のフェルトを使用したパーティションによって柔らかく視線を区切っている。直角に曲がる部分はジッパーを転用してファブリックのヨレを防止し、内側にはA4サイズの書類が入るポケットと、手元を照らすタスクライトを設置した。可動式のタスクライトは、フェルトのパーティションに備え付けたベルトに引っ掛けることで簡単に位置を移動することができる。シャツの胸ポケットにメガネやペンを引っ掛けるように、カジュアルに照明器具を壁に引っ掛けることができる。

執務エリアと社長室・打ち合せ室・ロッカーなどを区切っている象徴的な間仕切り壁は、DAQの看板商品のパンチング状のメッシュをモチーフにしているので、会社のアイデンティティを空間的に説明することができることと、空気や光、視線が抜けるので、狭い社長室や会議室にエアコンの空気や光をまわすためにも機能している。さらに、大きめに開けた壁の穴を利用して、ドアの取っ手を挟み込んで取り付けたり、どの穴にも位置を移動できる可動式の棚板をつくった。

床はフレンチレストランだった頃のフローリングを研磨、塗装をし直してそのまま使っているので、床下に配線経路をつくることができなかった。天井から引き回すという手もあったが、フローリングを1枚だけ剥がして電気配線用の経路にすることにした。コードの配線が見えるように、剥がした部分に1枚だけガラスで蓋をしている。

所在地 東京都港区西麻布
設計 株式会社DDAA
延床面積 107.41m2
撮影 Kenta Hasegawa
photolifeway.com

baden-medservice.com

www.budmagazin.com.ua/733