コートハウス

バスケットコートが屋内にある家

デザインコンセプト
担当:小泉設計室

「バスケットゴールが屋内にある家がほしい」。住宅計画時の初期に膨らむ夢の中でも、一番に却下されるようなこの要望に対し、真剣に向き合ってみることにした。

「コートハウス」は、住宅とバスケットコートを組み合わせた家だ。コートと呼ばれる空間は家の中心に位置し、旧来の間取りでいえば玄関ホールかリビングとも言える。実際のバスケットコートの約1/4程の広さ、6mの天井高がある。本物のバスケットリングは正規の高さ(3050mm)に設置されていているが、設計した広さでもフリースロー程度ならストレスなく打てる。

他にも体育館の構成要素を住宅に取り込んでおり、2階の回遊性のあるキャットウォークはライブラリーを兼ねたものとした。体育館に付帯する部室のようにコートの左右に部屋を配置し、壁面は多数ある部室を連想させるような意匠とした。

これらの設計によって住宅は小さな体育館のようになり、体験したことがあるようなないような、広いのか狭いのか分からない、不思議なスケール感を持つ建築となった。体育館という空間に通常何もないように、この住宅にもその余白に多様な可能性を感じさせる。

設計・監理 小泉設計室
施工 桑高建設
構造 木造
階数 2階
敷地面積 165.29m2
建築 74.53m2
延床面積 132.01m2
竣工 2015年8月
撮影 Toshiyuki Yano
У нашей фирмы нужный интернет-сайт , он описывает в статьях про https://onlinecasinoplanet.net.
http://best-drones.reviews

shopvashtextil.com.ua