知識の蜂の巣

10の異なる空間でつくられた世界最小の複合文化施設

デザインコンセプト
担当:長岡勉/POINT

愛知県西尾市の一色港にある歴史資料館を改修し、アート展示・観光案内窓口としてリニューアルした施設。

施設内のドーム劇場を改修し、さまざまな機能が混在する世界最小の複合文化施設をつくった。約1m角のマスを25個並べ、お茶室・郷土資料室・ライブラリー・ギャラリー・ラウンジ・物見台など、10の異なる空間を集めた。全体は迷宮のような空間だが、ドーム天井に呼応するように壁がすり鉢状に低くなり、中央から周りの景色を見渡せる。また、物見台に上ると、上空からの視点として空間全体を一望することができる。

用途 複合文化施設
敷地 愛知県西尾市
設計 長岡勉/POINT
企画 内藤美和/オフィスマッチングモウル
施工 成瀬吉博/成瀬建築
金物製作 マルゲン工房
クライアント 西尾市 (三河・佐久島 アートプラン21)
竣工 2017年10月
写真 尾崎芳弘/DARUMA
http://ecostyle.kz/katalog/bojlery/kosvennogo-nagreva/

www.best-products.reviews

cialis-viagra.com.ua