異素材ミックスのクレイジーな世界観、「magma “SYMVOL”」

異素材ミックスのクレイジーな世界観、「magma “SYMVOL”」

アーティストユニット、magma(マグマ)による新作個展「SYMVOL」が3月12日から4月3日まで、中目黒のアートギャラリー「VOILLD」で開催されました。

magmaは、杉山純さんと宮澤謙一さんによるユニット。樹脂や廃材、電動器具、木などを手作業で組み合わせ創りだす独特な世界観を得意とし、広告美術や空間演出、家具、プロダクトまで幅広く手がけ、一見してクレイジーな作品を制作しています。

DSC01288

筆者は同じ大学出身なのですが、卒業制作で圧倒的に目を引くmagmaのお二人の作品を見て、度肝を抜かれた記憶が鮮明に残っています。それ以来、ファッションブランドの店舗什器や広告などで作品を見かけては、個展を観たいと思っていました。会期は終わってしまいましたが、マグマをまだ知らない人たちへ、魅力の一端をお伝えしたいと思います。会期終了間際に行ったところ、すでに多くの作品がSOLD OUTになっており、コアなファンの存在を感じました。

DSC01242

(写真左手前)GOD OF THE WIND:人形の下からは風が出るようになっており、マリリン・モンロー出演の「七年目の浮気」の1シーンを彷彿させます

DSC01249

Mr.GOURMET:透明なケースの中には目玉焼きやピザなどが入っています。個人的に一番好きな作品でしたが、すでに売約済みでした…

DSC01252

今回は光る作品が多かったため、壁を市松模様のようにしたり、黒く塗ったそう。昔のゲームセンターのようなピカピカ具合が不思議な空気感を醸し出していました

DSC01262

大将のゆうゆう散歩:石原〇次郎さんの顔の下には、将棋の王将が。なんとも漢らしい作品

DSC01264

Mr.OMNIBUS:ジェイソンのようにも見えますが、下半身には可愛らしい男の子と女の子が。

DSC01277

SAFETY DOG:ひと際派手な犬の作品。番犬にも良いかもしれません

DSC01282

いくつかの作品にはmagmaマークが入っています

各作品は異素材のパーツが絶妙に組み合わさっており、見る人によってちがう印象になったり、作品ごとのストーリーを思い浮かべられそう。個人的には任天堂の「MOTHER」シリーズの敵のような作品が多いなと感じ、わくわくしながら撮影をしていました。

また、展示会場となった「VOILLD」はコンテンポラリーアートを中心に企画展を行うギャラリー。毎回アウトローかつセンスが突出した企画展を開催しています。駅から少し歩きますが、ぜひ一度は訪れてもらいたい場所です。

magma

VOILLD