『原田美砂「HATS OFF!」-賛美の帽子-』躍動感あふれるフォルムや世界観に脱帽

『原田美砂「HATS OFF!」-賛美の帽子-』躍動感あふれるフォルムや世界観に脱帽
2015/12/10 19:30

ロンドンを拠点に活動する帽子デザイナー、原田美砂氏の個展『原田美砂「HATS OFF!」-賛美の帽子-』が銀座のポーラ ミュージアム アネックスにて開催中だ。

原田氏は、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(王立芸術学院)を卒業後、英国王室ご用達ミリナリー(婦人帽子)ブランドの「Frederick Fox」にデザイナーとして勤務。彼女の作品がエリザベス女王在位50周年記念式典において、女王が着用する帽子に選ばれたことは日本でも大きな話題を呼んだ。その後、さまざまなセレブリティやミュージシャンなどが作品を着用し、現在はイギリスを代表する帽子デザイナーとして、その地位を確立している。

DSC07700

本展では、原田氏の20余年にわたるコレクションの中から36点を展示。会場の一角では、制作工程を垣間見ることができるコンセプトスケッチや仕事部屋の再現も行われている。以下、バリエーション豊かな帽子を一部紹介する。

DSC07790

PASSION / 情熱的な赤い羽根と花が目を引く帽子

DSC07810

新旧織り交ぜて華やかな帽子たちが並ぶ

DSC07797

JASMINE BOW / 大きな白いリボンがそのまま帽子になったようなデザイン

DSC07784

DAKOTA / まさに花束のような帽子

DSC07773

JESSICA / 大きなリボンがポイントの帽子は、可憐な中にも強さを感じる

DSC07725

歌手のJUJUさんのためにつくられた帽子3点

DSC07738

BLUE FEATHER HAT / 青い鳥が羽ばたいているような帽子

DSC07762

原田氏のアイデアスケッチノート

DSC07746

インタビュー映像の中で原田氏は、「私にとって大切にしたいことは、最初にやりたいと思ったコンセプトや気持ちをいつも持ち続けることです」と、話す。今後の展望について、「私自身が新しいコレクションを発表していくことももちろんですが、次の世代に帽子づくりの面白さやつくりかたを伝えていきたい」と、語っていた。

タイトルである「HATS OFF!」は、日本語の「脱帽する」という表現に似た意味だ。そのタイトルどおり、個々の帽子が持つ躍動感あふれるフォルムや世界観に思わず脱帽してしまう展示。間近で原田氏のコレクションを見ることができる本展は、12月27日までなのでお早めに。

原田美砂「HATS OFF!」-賛美の帽子-
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
会期:2015年11月20日(金)~2015年12月27日(日)
https://steroid.in.ua

adulttorrent.org

https://rs-clinic.com.ua