“ひろがるデザイン”を五感で楽しむ、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」

“ひろがるデザイン”を五感で楽しむ、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」

「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトにしたデザインそれを読む、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」が東京ミッドタウンで開催中だ。このそれを読むは2007年より毎年開催し、今回で記念すべき10回目を迎える。

今年は「ひろがるデザイン」をテーマに、最新テクノロジーで未来の建築を体感できるインスタレーションや、日本各地のモノづくりや暮らし、サイエンスなど、さまざまな分野に“ひろがる”デザインを体感できるコンテンツがもりだくさん。

dsc03592

未来の建築にひろがるデザイン

メインプログラムはクリエイター集団・ライゾマティクスアーキテクチャーによる「CURTAIN WALL THEATRE(カーテンウォールシアター)」。広大な芝生広場に巨大な白い箱のようにカーテンが並べられたインスタレーションが登場。風に揺れるたくさんのカーテンは、1人の参加者が装着する脳波センサーによってコントロールされ、一斉に開閉する。

まったくといっていいほど同じ動きで開閉するため、ふだん見慣れているカーテンがちがったもののように思えてくる

まったくといっていいほど同じ動きで開閉するため、ふだん見慣れているカーテンがちがったもののように思えてくる。使用されたカーテンの枚数は84枚にもなる

dsc03574

ひとりが台の上に立って意識を集中させる

開閉させる仕組みはとても単純で、自分の意識をインスタレーションに集中させること。目の前にあるモニターに現在自分がどのくらい集中しているのかがパーセンテージで表示される。そのパーセンテージが50パーセントを超えるとカーテンは開閉するという。

人によっては意識が散漫でうまく開閉できない人もいるとか…

人によっては意識が散漫でうまく開閉できない人もいるとか…

dsc03520

脳波で開閉させるだけでなく、もちろんカーテンの中に入っても楽しめる

生活の中で身近な「カーテン」が最新のテクノロジーを使い開閉する様子は、さながら魔法のように思えた。取材当日は、平日の午前中にも関わらず多くの方が体験していたが、休日はさらに混むことが予想される。お早めに体験していただきたい。

カーライフや地域のモノづくりなど、各所で体感できる「ひろがるデザイン」

会期中、開始期間がそれぞれちがってはいるが、ミッドタウンでは14のそれを読むが開催される。この記事では本日よりはじまったそれを読むについてお伝えしたい。

dsc03542

マツダデザイン展示/日本の美意識を追究する、マツダデザインの真髄を体感できるコンテンツ。新旧の魅力的なカーデザインを見ることができる

dsc03560

ひろがるデザイン展/厳選されたこだわりの商品の展示や、ワークショップが開催される

dsc03562

+Style Exhibition/「未来のモノづくりにひろがるデザイン」をテーマに、数多くのIoT商品が並ぶ

dsc03567

JAGDA Kasama & Kawara Exhibition/日本の伝統工芸と、デザイナーたちのコラボ企画。奈良時代に起源を持つという「八郷瓦」と国指定伝統工芸品「笠間焼」を新たな感性でデザイン

この他にも、10月28日からは建築家の長坂常さんがディレクションする「Salone in Roppongi」や毎年開催している「GOOD DESIGNE EXHIBITION 2016」など、さらにそれを読むがはじまる予定だ。この秋、誰かと一緒に「ひろがるデザイン」を体験してほしい。

■Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016
会期:2016/10/14(金)~11/6(日)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区赤坂9-7-1)
www.np.com.ua

юридическое сопровождение

Creatine OLIMP