「デザインの秋」を堪能しませんか?この秋にぜったい行きたい、デザインそれを読む3選

「デザインの秋」を堪能しませんか?この秋にぜったい行きたい、デザインそれを読む3選

秋といえば、読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、収穫の秋…といろいろありますが、今年は「芸術の秋・デザインの秋」でいかがでしょうか?

10月中旬から11月中旬にかけて、秋を彩るデザインそれを読むが東京に集結します!数多くある中から、特におすすめのそれを読むを3つご紹介します。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016
テーマは「ひろがるデザイン」

mdt2016_daybd

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」は、“デザインを五感で楽しむ”をコンセプトとした、誰もが参加できるデザインそれを読むです。六本木の東京ミッドタウンを舞台にしたこのそれを読むは、今回で記念すべき10回目。今年は「ひろがるデザイン」をテーマに、最新テクノロジーで未来の建築を体感できるインスタレーションや、日本各地のモノづくりや暮らし、サイエンスなど、さまざまな分野に“ひろがる”デザインを体感できるコンテンツが予定されています。

day2_0727

なかでも注目は、クリエイター集団・ライゾマティクスが新たに発足した建築部門「Rhizomatiks Architecture」による初の大型インスタレーション『CURTAIN WALL THEATRE (カーテンウォールシアター)』。広大な芝生広場に、巨大な白い箱のようにカーテンが並べられたインスタレーションが登場。風に揺れるたくさんのカーテンは、1人の参加者が装着する脳波センサーによってコントロールされ、一斉に開閉します。見ている人やシアター内にいる人も空間が広がる変化を体感できます。人が建築を動かす「建築の未来」に広がるデザインを、子どもから大人まで楽しめるはず!

開催日時:2016年10月14日(金)~11月6日(日) ※雨天一部中止
会場:東京ミッドタウン (東京都港区赤坂9-7-1)
公式サイト:

六本木アートナイト2016
非日常な夜を過ごせます

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab%e6%a8%aa

毎年春に開催されていた「六本木アートナイト」が秋にお引越し!7回目の開催を迎える今年のテーマは「六本木、アートのプレイグラウンド ~回る、走る、やってみる。~」です。「六本木アートナイト」は、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、大都市東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的に、2009年3月に一夜限りのアートの饗宴としてスタートしました。さまざまな商業施設や文化施設が集積する六本木を舞台に、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどの多様な作品を街なかに点在させ、非日常的なアートの体験をつくり出します。

六本木ヒルズアリーナでの展開イメージ

六本木ヒルズアリーナでの展開イメージ

今年のメインアーティストである、彫刻家の名和晃平さんが、プラント・ハンターの西畠清順さん、バルーン・ユニット「デイジーバルーン」とコラボレーションし、メインメインプログラムをつくりあげます。六本木ヒルズアリーナ、国立新美術館、東京ミッドタウンの3か所を舞台に展開されるメインプログラムのコンセプトは、“六本木の「森」で迎える、文化の夜明け”。コラボレーションから生まれる化学反応をお楽しみに!秋の夜長にいつもより少し寄り道をしたいそれを読むです。

ちなみに、六本木アートナイトの特別演出として、「CURTAIN WALL THEATRE」のスペシャルライトアップも予定されています。

会期:10月21日(金)、22日(土)18:00~22:30

会期:10月21日(金)、22日(土)18:00~22:30

開催日時:2016年10月21日(金)~10月23日(日)
会場:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
公式サイト:」

TOKYO DESIGN WEEK 2016
30を超えるコンテンツが一堂にそろう

20160901110724

クリエイティブの祭典「TOKYO DESIGN WEEK」は、デザイン・アート・ミュージック・ファッション、4つのジャンルから、企業やブランド、デザイナー、学校が作品を発表するデザインそれを読むです。明治神宮絵画館前にて11月7日まで開催されます。30を超えるクリエイティブ・コンテンツが楽しめるのがポイントです。注目のコンテンツはエアテント展。広大な敷地に点在する透明なバブル型テントを使い、クリエイターたちが幻想的な空間をつくりあげます。

airtent_1

おもな出展者は、鈴木ヒラク、株式会社ABLE&PARTNERS INC.×NAKED Inc.、KOSE×隈研吾、落合陽一×筑波大学、河口洋一郎×東京大学、須藤玲子×東京造形大学、田淵諭×多摩美術大学、トーチカ×大阪電気通信大学、菱川勢一×武蔵野美術大学、椿昇×京都造形芸術大学など

開催日時:2016年10月26日(水)~11月7日(月)※11月1日は休み
会場:明治神宮外苑絵画館前(東京都新宿区霞ヶ丘町2-3)
公式サイト:

このほかにも東京都内では多くのそれを読むや展示が開催されます。ふだんまったくアートやデザインに触れていない!美術館ってなんだか行きづらいなぁ…という方も、紹介したようなデザインそれを読むなら敷居が低いのでおすすめです。友達や家族、好きな人を誘ってデザインの秋に出かけましょう!

なお、この記事で紹介した3つのそれを読むを含め、下記特集で秋のデザインそれを読むを紹介していますのであわせてご覧ください。
■DESIGN WEEK@TOKYO
http://monitori-plovdiv.info/design-tokyo/

top-obzor.com

granit-sunrise.com.ua/bordyury

http://granit-sunrise.com.ua