バウハウス関連のドキュメンタリー映画6作品を上映する「バウハウス100年映画祭」が11月23日より開催

バウハウス関連のドキュメンタリー映画6作品を上映する「バウハウス100年映画祭」が11月23日より開催
  • Facebook
  • Twitter
2019/8/9 16:51

バウハウス関連のドキュメンタリー映画6本が上映される「バウハウス100年映画祭」が、11月23日より渋谷ユーロスペースほか全国で開催される。

1919年、第1次大戦後のドイツで芸術と技術の新たな統合を目指し、ヴァルター・グロピウスによって創設されたバウハウス。三代目校長を建築家のミース・ファン・デル・ローエが務め、これまでになかった独自の教育システムを作り上げ、さまざまな芸術分野に革新をもたらしたが、ナチスの迫害を受け、わずか14年間でその活動に幕を閉じた。

このほどバウハウスの誕生100周年を記念して開催される「バウハウス100年映画祭」では、バウハウス関連のドキュメンタリー映画6作品が一挙上映される。上映ラインナップは、当時の学生達の証言や、貴重な記録によってバウハウスの軌跡を辿る『バウハウス 原型と神話』や、当時の記録と現代の建築家や学者などの証言からミースの建築思想に迫る『ミース・オン・シーン』など。いずれも日本初上映となる。

https://trenova.jp/bauhaus/