国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」のアートディレクターに髙田唯が就任。芳賀あきなのイラストレーションを使ったロゴデザインに一新

国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」のアートディレクターに髙田唯が就任。芳賀あきなのイラストレーションを使ったロゴデザインに一新

国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー(以下F/T)」12回目の開催に際し、「人と都市から始まる舞台芸術祭」であるF/Tのコンセプトをより強く発信していくため、アートディレクターにAllright Graphicsの髙田唯を迎え、ロゴデザインを一新。新ロゴは、芳賀あきなのイラストレーションを使い、人でしか生み出すことのできない舞台芸術や、人と都市の関係の中で立ち上がる幸福な時間(フェスティバル)をあらわしたものとなった。

高田唯のコメント
「F/Tロゴデザインは、ブランドを保つための強固なロゴ作りの方法とはすこし違うアプローチで新たなステージに存在させたいと思い、視野を広げ未来を想像することから思考をスタートさせました。舞台芸術の、その時その場にいなければ感じられないものを表現することに挑戦しようと検討を重ね、その時の身体から生みだされる形、線によって形成することが重要だと考え、“何かにしがみつくことのない、動きのある、変化を受け入れられる流動性のあるロゴ”をイラストレーターの芳賀あきなさんと一緒につくりあげました。」

今回の会期は、10月5日から11月10日の37日間。国内外のアーティストが結集し、F/Tでしか出会えない国際共同製作プログラムをはじめ、劇場やまちなかでの上演、若手アーティストと協働する事業、市民参加型の作品など、多彩なプロジェクトを展開していく。

【開催概要】
フェスティバル/トーキョー19 Festival/Tokyo 2019
会期:2019年10月5日(土)~11月10日(日)※予定
会場:東京芸術劇場、あうるすぽっと、シアターグリーン ほか ※内容は変更の可能性あり