藤本実率いる「m」、「EXILE LIVE TOUR」で使用されたパフォーマンスアイテム「LED VISION FLAG」を発表

藤本実率いる「m」、「EXILE LIVE TOUR」で使用されたパフォーマンスアイテム「LED VISION FLAG」を発表
2019/5/10 15:12

藤本実率いるクリエイティブカンパニー「m」が、LEDを装着した旗「LED VISION FLAG」を発表した。

「m」は、LEDを用いたダンスパフォーマンスシステムの開発と演出、 テクニカルディレクションを行うクリエイティブカンパニー。研究者・メディアアーティストとして活動を続けてきた藤本実が2013年に立ち上げ、 ウェアラブルデバイスやロボットなど、 新しい表現を取り入れたパフォーマンスをハードウェアの開発から演出、 作曲、 衣装のデザインまでトータルで行っている。

今回同社の自主開発プロジェクトとして発表された「LED VISION FLAG」は、「EXILE LIVE TOUR 2018-2019」で使用されたパフォーマンスアイテム。エンターテインメントの舞台でよく使われる旗に着目し、4,600個のLEDを旗の両面に装着し、 その一つ一つを個別制御することにより、さまざまなパターンをディスプレイのように表現することができる。

また、 従来の旗ではできない動きのある模様や、 複数の「LED VISION FLAG」を同期させることで、 映像が旗を流れるようなパフォーマンスも可能。 旗のサイズや形状をカスタマイズすることもできるので、 ダンスパフォーマンス以外にも活用できる。