東京ピストル草なぎ洋平、dot by dot富永勇亮らが登壇、『design surf seminar 2018 Kyoto』が京都・先斗町歌舞練場で12月6日開催

[PR]
東京ピストル草なぎ洋平、dot by dot富永勇亮らが登壇、『design surf seminar 2018 Kyoto』が京都・先斗町歌舞練場で12月6日開催

クリエイティブ市場の総合商社・株式会社Tooが毎年秋に東京で開催してきた、デザインの向こう側を考えるそれを読む『design surf seminar』。デザイン・クリエイティブ業界から多くの関係者が登壇し、来場者から好評を得てきた。その京都版となる『design surf seminar 2018 Kyoto』が、京都・先斗町歌舞練場で2018年12月6日に開催される。

注目は、東京ピストルの草なぎ洋平、dot by dotの富永勇亮が登壇する、「クリエイティブの際をめぐる冒険」と題したトークセッション。ユニークかつ斬新なモノづくりをしている2社は、これまでどのようにしてクライアントからの要望に対し、課題解決してきたのか? 企画を机上の空論にとどめるのではなく、さまざまな手段を用いて、世の中に出し続けることの重要性についてトークが繰り広げられる。

東京ピストルは、『下北沢ケージ』『BUNDAN COFFEE & BEER』『歌舞伎町ブックセンター』など、大きな話題になる「場」のプロデュースをはじめ、大手企業のWebメディアの制作やトータルメディアディレクション、紙、Webなどのメディア媒体だけにとどまらず、企画、プロデュース、スペース運営まで、あらゆる「もの・こと」を編集してきた新時代編集プロダクション。一方、dot by dotは、広告キャンペーンのインタラクティブ、デジタル領域、インスタレーション、ミュージックビデオ、IoT、ファッション、TVなど、幅広い領域で活躍。国立科学博物館「人体展」のインスタレーション、Lyric Speakerなど、テクノロジーを活かしたユニークなインスタレーションや空間演出が話題に。セリフをすべて関西弁に変換した漫画をつくるなど、手法に囚われずにクリエイティブを生み出してきた。

もう1本のトークセッション「世界やビジネスとつながるARTの未来」では、アート東京の來住尚彦をモデレーターに迎え、西陣の「渡文」から渡辺博司、友禅染から吉川博也といった京都が誇る伝統工芸の両雄が登壇。これまでメゾン・エ・オブジェ・パリやフランスのJAPAN EXPOに出品し、日本の伝統工芸品を世界のビジネスへ展開してきた三者が、アート×伝統×ビジネスから見える未来について語る。

『design surf seminar 2018 Kyoto』の参加費は無料。現在、公式サイトで申し込み受付中。また、同それを読むは、アートとテクノロジーとビジネスを結ぶ、京都大学主催『ARTS ECONOMICS KYOTO 2018』のコラボレーションそれを読むとして開催される。