クリエイティブチーム・AC部による初の絵本、ハートフルなドタバタ物語『イルカのイルカくん』が11月15日に刊行

©AC-bu©AC-bu

安達亨と板倉俊介によるクリエイティブチーム・AC部の初の絵本、『イルカのイルカくん』が株式会社ロクリン社より2018年11月15日に刊行される。

同書は、いやしのセラピスト、イルカのイルカくんと少年ちゆ太郎のハートフルなドタバタ物語。イルカのイルカくんは、音楽ユニット・group_inouの曲『THERAPY』のミュージックビデオから生まれたキャラクター。人々を癒すことを目的に、企業とのプロモーションやコラボレーションなどさまざまな企画に参加。現在も意欲的に活動の範囲を広げている。グッズやLINEスタンプなどでも人気を博し、同書が初の絵本となる。

AC部は1999年の結成来、ハイテンションで濃厚なビジュアル表現を持ち味に、映像やイラストレーションなどあらゆる形の創作活動を続けている。2000年、映像作品『ユーロボーイズ』がNHKデジタルスタジアム年間グランプリを受賞したのを機に、テレビ、CM、MV などさまざまな媒体で活躍。おもなMVにgroup_inou『THERAPY』、ORANGE RANGE 『SUSHI 食べたい/ feat. ソイソース』、TVアニメに『ボブネミミッミ』(『ポプテピピック』の1コーナー) がある。また、大量のスケッチブックを駆使し展開する独自のパフォーマンス『高速紙芝居』も注目されている。