スイスの時計ブランド「モンディーン」から、活版印刷やタイポグラフィーに焦点をあてたスペシャル・エディションが発売

[PR]
スイスの時計ブランド「モンディーン」から、活版印刷やタイポグラフィーに焦点をあてたスペシャル・エディションが発売

1951年に設立、世界25か国で販売され、多くのユーザーに愛され続けているスイスの時計ブランド「Mondaine(モンディーン)」。モンディーンのヘルべチカ・コレクションから、2018年スペシャル・エディションである「オマージュ・トゥ・タイポグラフィー」が9月に発売された。

世界で最も使われているタイポグラフィー「ヘルべチカ」は、ラテン語で“スイス”を意味する。時計という3次元でヘルべチカを表現した同コレクションから、新たに発売された「オマージュ・トゥ・タイポグラフィー」のモデルを監修したのは、タイポグラフィーの権威として知られるインドラ・クプフェルシュミット。その昔の活版印刷などタイポグラフィーの軌跡と、それに携わるクラフトマンシップに焦点を当て、文字盤や本革製のストラップに施された「ヘルベチカ」フォントのエンボス加工などで表現している。ストラップは、ブラウンレザーストラップとブルーストラップの2色展開。

文字盤に見える連続したアルファベットのヘルベチカは、活版印刷の時代に使われた金属活字(版用の文字)の様子をあらわしている。各言語で異なる文字が使われているため、フォント・スキームのオーダー内容はその言語によって変わる。たとえばドイツ語では、“e”が頻繁に使われるが、フランス語では、“à, â, é”といった具合だ。このスペシャル・エディションには、インドラ・クプフェルシュミットの『植字工と呼ばれる職人たちの手作業による文字組みなど、現代では失われつつある技術や伝統に想いを馳せて欲しい』という気持ちが込められている。

商品名:ヘルベチカ オマージュ・トゥ・タイポグラフィー
ダイヤル:38mm
風防素材:SS(ブラッシュ加工)
ケース素材:サファイアクリスタル
ベルト素材:本革レザー(アルファベット刻印)
防水:3気圧防水
メーカー希望小売価格:52,000円(税別)