福井のものづくりを“見て・知って・体験する”「RENEW」が、10月19日から21日まで福井県鯖江市・越前市・越前町全域で開催

福井のものづくりを“見て・知って・体験する”「RENEW」が、10月19日から21日まで福井県鯖江市・越前市・越前町全域で開催

福井のものづくりを“見て・知って・体験する”、持続可能な産地づくりを目指して2015年に福井県鯖江市河和田地区でスタートした産業観光それを読む「RENEW(リニュー)」が、10月19日から10月21日まで福井県鯖江市、越前市、越前町全域で開催される。

同それを読むでは、普段出入りできないものづくり工房の見学を通じて、つくり手の想いや背景を知り、体験しながら商品の購入を楽しむことができる。コンセプトは、「来たれ若人、ものづくりのまちへ」。最近では担い手として移り住む若者が増えてきていることから、「移住EXPO」など産地の未来を醸成するさまざまなそれを読むも同時に開催され、地域内外に気づきの輪を広げている。3回目の開催となった2017年は、奈良の老舗「中川政七商店」とタッグを組み、「RENEW×大日本市鯖江博覧会」として開催。のべ42000人の来場があり、規模としては国内最大級の産業観光それを読むとなった。

4回目の開催となる今回「RENEW 2018」は、開催エリアが大きく広がり、鯖江市・越前市・越前町が舞台となる。参加業種も増え、眼鏡・漆器・和紙・打刃物・箪笥・焼物・繊維の7産地から110社の工房・企業・飲食店が参加する。また、今年は特別企画として、「まち/ひと/しごと -Localism Expo Fukui-」が開催。全国のローカル経済圏で行われている社会的意義の高い21の活動を紹介するショップ型の博覧会が開かれる。展示・販売・トークそれを読む・ワークショップを通して、地域の熱量を上げるきっかけをつくるそれを読むとなる。

https://baden-medservice.com

Профессиональная мясорубка купить

velomarket.org.ua