メディア芸術の総合フェスティバル「第22回文化庁メディア芸術祭」、8月1日より作品募集を開始

メディア芸術の総合フェスティバル「第22回文化庁メディア芸術祭」、8月1日より作品募集を開始

アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバル「文化庁メディア芸術祭」。22回目を迎える今回は、8月1日から作品募集を開始した。

対象となる作品は、過去1年間(2017年10月6日から2018年10月5日)の間に完成またはすでに完成し、この期間内に公開されたもの。プロやアマチュア、自主制作、商業作品を問わず、世界中から広く作品を募集している。応募作品は審査委員会による審査を経て、各部門の大賞、優秀賞、新人賞、審査委員会推薦作品と功労賞が2019年3月に発表される予定。

昨年の第21回では、世界98の国と地域から4,192作品の応募があり、文化庁メディア芸術祭は国際的なフェスティバルへと成長を続けている。

募集期間:2018年8月1日(水)~10月5日(金) 日本時間18:00 必着

ry-diploma.com/

www.casino-online-ua.info

https://start-sport.com.ua/mjachi/basketbol-nye-mjachi