AVATARが距離、身体、文化、時間を超えて人々を繋ぐ。ANAグループが描く世界をより良くするイノベーション『ANA AVATAR VISION』を始動

AVATARが距離、身体、文化、時間を超えて人々を繋ぐ。ANAグループが描く世界をより良くするイノベーション『ANA AVATAR VISION』を始動

ANAは、2018-2022年度グループ中期経営戦略において、Society 5.0(超スマート社会)の実現に向けた取り組みの1つとして掲げた「AVATAR」事業を始動させるにあたり、『ANA AVATAR VISION』を策定した。

ANA AVATARは、距離、身体、文化、時間、あらゆる制限を超える瞬間移動手段だ。さまざまな理由で実際にその場に行くことが困難な状況において、離れた場所にあるAVATARを遠隔操作し、「見て」「聞いて」「感じて」あたかもそこに自分自身が存在しているかのようにコミュニケーションや作業を行うことができる。例えば、災害の現場における救助や、医療機関の整備が進んでいない地域における治療、あるいは地理的、財政的な制約などによって十分な教育が受けられていない方々への教育機会の提供なども可能になる。『ANA AVATAR VISION』は、AVATARの基礎技術を集約・発展させ、AVATARで人々を繋ぎ、世界をより良くすべくイノベーションを加速させていくことを目的としている。

AVATARを実現させるには、ロボティックス・VR・AR・センサー・通信・ハプティックス(触覚)技術など、さまざまなエクスポネンシャルテクノロジーが必要。現時点ではそれぞれの技術が個別に開発が進んでおり、これらの技術を融合し実用化させるには数十年を要すると予想されているため、国際賞金レース「ANA AVATAR XPRIZE」を開催して世界的な関心を引き付け、より早い実用化を考えている。

まずは、ANAが独自に運営するクラウドファンディングサービス「WonderFLY」を利用し、AVATAR関連技術を開発しているスタートアップやAVATARを用いた取り組みを行っている組織を支援し、既存のAVATAR関連技術を用いたサービス企画やムーブメントを形成する。

さらに、大分県にある世界初のAVATARテストフィールドで、宇宙開発・農林水産業・観光・教育・ 医療など、さまざまな分野で実証実験を実施していく。代表的な取り組みとして、JAXAを含む産官学と連携し、AVATARによる月面施設の遠隔建設などの地上実証を行い、宇宙開発・利用を推進していく。


https://steroid.in.ua

www.steroid.in.ua/products/sp-klenbuterol

steroid.in.ua/products/klenbuterol-ver