日本建築の過去・現在・未来像を照らし出す「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」が森美術館で4月25日から開催

日本建築の過去・現在・未来像を照らし出す「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」が森美術館で4月25日から開催

多彩な展示で世界を魅了する日本建築の本質に迫る「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」が、東京・六本木の森美術館で4月25日から9月17日まで開催される。

同展は、縄文の住居から最新の現代建築のプロジェクトまで100のプロジェクト、展示総数400点を超える圧巻のスケールで日本建築の本質に迫る試みだ。監修をは建築家の藤森照信。

千利休作と伝えられ、現存する日本最古の茶室建築である国宝『待庵』の原寸再現や、丹下健三の『自邸』を1/3スケールで再現した巨大模型、ライゾマティクス・アーキテクチャーによる日本建築のスケールを最新の3D技術で再現した新作映像インスタレーションに加え、貴重な建築資料や模型など多彩な展示によって、日本建築の過去、現在、未来像を照らし出す。

www.thailand-option.com/binary-options-make-a-profit/

готовые курсы стероидов

www.kinder-style.com.ua/boys/chelovechki_i_slipy/