コンテンポラリーデザインスタジオ「we+」がミラノデザインウィーク期間中に2つの新作を発表

コンテンポラリーデザインスタジオ「we+」がミラノデザインウィーク期間中に2つの新作を発表

林登志也と安藤北斗によるコンテンポラリーデザインスタジオ「we+」は、4月17日から4月22日までイタリア・ミラノで開催される世界最大規模のデザインそれを読む「ミラノデザインウィーク」の期間中、ミラノ市内のギャラリー、スパチオ・ロッサーナ・オルランディにて新作の椅子と花瓶のシリーズ「Swarm」、トルトーナ地区スーパースタジオ・Materials Village 2018で行われる「TOKYO MATERIAL BAYPASS」にて、株式会社NBCメッシュテックの機能性メッシュを活用した照明とパーテーションのシリーズ「Peep」の2作品を発表する。

「Swarm」は、同一マテリアルの集合体でサーフェスが構成される椅子と花瓶のシリーズ。鉄線が磁力によって構造体に吸着することで、有機的なフォルムが生成する。「Peep」は、通常では見ることのできない光学現象を可視化するシリーズ。光や風景を高精細メッシュとその動きを通して見ることで、分光やモアレをつくり出す。素材によって生み出される現象を抽出し作品に昇華させることで、デザインの新たな可能性を探求した。

www.oncesearch.com

www.oncesearch.com

oncesearch.com/details/4-lilushandjobs-clip-327647