気鋭のファッションデザイナー×繊維企業による「現代の民族衣装」の祭典、「KIRE・KIRE・TEN」が4月6日からパルコミュージアムで開催

気鋭のファッションデザイナー×繊維企業による「現代の民族衣装」の祭典、「KIRE・KIRE・TEN」が4月6日からパルコミュージアムで開催

気鋭ファッションデザイナーと繊維企業のコラボレーションによる、布(キレ)から表現する企画展「KIRE・KIRE・TEN –現代の民族衣装-」が、東京・池袋のパルコミュージアムで4月6日から4月23日まで開催される。

「KIRE・KIRE・TEN –現代の民族衣装-」では、モードファッションの分野で活躍するブランドから、同企画でデビューする新進ブランドまで総勢20ブランドが、「現代の民族衣装」の祭典を18日間にわたって繰り広げる。参加デザイナーたちは、日本国内の各地に点在する産地の工場の協力を得て、選定・開発・加工などのプロセスで素材(キレ=布)そのものに深くフォーカス。絞り染め、ニードルパンチ、プリント、横編みなどさまざまな手法による素材の持ち味を活かし、共通テーマである「現代の民族衣装」が、デザイナーそれぞれの解釈で制作・展示される。会場内ショップでは、衣装制作に使用された布地で制作したバッグなどの展覧会オリジナルグッズが販売される。企画コーディネートを糸編(セコリ荘)が、アートディレクションを大橋修(thumb M)が務めている。

参加ブランドは以下のとおり。
HATRA(長見佳祐)、KOTONA(山下琴菜)、mikio sakabe(坂部三樹郎、シュエ・ジェンファン)、PERMINUTE(半澤慶樹)、RYOTAMURAKAMI(村上亮太)、S0SHIOTSUKI(大月壮士)、ANNA KOJIMA(小嶋杏奈)、ayatsunemi(常見彩耶)、BIRDMAN(シュエ・ジリン)、CHIHARU EGAMI(江上千晴)、Fumiku(林史佳)、HIROKO HASEGAWA(長谷川博子)、LIMTWEA(イム・トゥエ)、maimori(森麻衣)、medetasy(石田萌)、natsucoendo(遠藤夏子)、PITECAN THROPUS(大橋佳奈)、Re:quaL≡(土居賢哲)、Seiran Tsuno(津野青嵐)、渡辺未来(渡辺未来)

steroid.in.ua/products/metandienon-radzhaj

https://steroid.in.ua

Машинаы посудомоечная купольная купить