藝大ファクトリーラボ×感動創造研究所、「音と光と素材の複合的効果による空間演出による感動創造」をテーマにミラノフォーリサローネで作品を発表

藝大ファクトリーラボ×感動創造研究所、「音と光と素材の複合的効果による空間演出による感動創造」をテーマにミラノフォーリサローネで作品を発表

東京藝術大学の工房群の設備とスキルを活用し、学外機関とのコラボレーションによってさまざまなプロジェクトを企画・実行する「藝大ファクトリーラボ」と、株式会社ムラヤマの実学知見と暗黙知を“感動創造”という立場で見つめ直す「感動創造研究所」が、2017年より「音と光と素材の複合的効果による空間演出による感動創造」というテーマで共同研究『RESONANCE MATERIALS Project ~ 素材の乗算』をスタート。4月17日から4月22日までイタリア・ミラノで開催される「Milano Design Week 2018, Fuori Salone 2018」にて作品を発表する。

産学共同プロジェクトでもある『RESONANCE MATERIALS Project 素材の乗算』は、藝大ファクトリーラボ所属の5名の若手の芸術家によって、日本人に連綿と受け継がれる、モノに宿る魂を感じる感性と、創造性あふれる優れた工芸技術を基盤に、異なる素材同士を組み合わせた“素材の妙”を生み出す作品群。作品発表を行うミラノの会場では特別に、日比野克彦(東京藝術大学 美術学部学部長)と作家との対談、同じく日比野克彦 学部長と矢倉俊彦(感動創造研究所 最高責任者)との対談も行われる予定だ。

еще по теме biceps-ua.com

https://dmi.com.ua

https://photolifeway.com