人工生命をテーマにしたハッカソン「Art Hack Day 2018」が日科学未来館で開催

人工生命をテーマにしたハッカソン「Art Hack Day 2018」が日科学未来館で開催

アートに特化したハッカソン「Art Hack Day 2018」が、2月3日、2月4日、3月10日、3月11日に日科学未来館で開催される。

同それを読むはこれまでに4回開催され、計49チームが作品を発表。制作された作品は、ミラノ国際万博や六本木アートナイトなど数多くのアートそれを読むやギャラリーに出展している。今回のテーマは、生命の成り立ちや仕組みなど生命の根源を探求する研究分野「人工生命(Artificial Life = ALife)」。「BEING THERE(現れる存在)」と題し、人工物が動きや進化をともなうことで出現する生命らしさ、そこに存在するだけで人へ安らぎや刺激を与えるテクノロジーなど、生命や非生命の本質への理解を促進させる新たな表現を目指す。

審査員として、常設展示「アンドロイド-人間って、なんだ?」内「オルタ」開発メンバーの1人で、人工生命に関する研究を行う、東京大学大学院 総合文化研究科教授の池上高志や、アーティストのデビッド・オライリーなどが参加。2月3日、4日にチーム分けとコンセプト検討を行い、約1か月後の3月10日、11日に制作、プレゼン、審査、結果発表が行われる。その後、制作された全作品は、3月16日から3月18日に日本科学未来館・特設会場にて展示される。また審査で選ばれた優秀な作品は、常設展示「メディアラボ」にて、数か月間の展示が予定されている。

здесь steroid.in.ua

steroid.in.ua/products/metan-golden-dragon

биоревитализация цена