次世代を担う学生に向けたポートフォリオレビュー、「JAGDA School 2018」が2018年2月に開催

次世代を担う学生に向けたポートフォリオレビュー、「JAGDA School 2018」が2018年2月に開催

公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、デザインを学ぶ人々を対象としたポートフォリオレビュー、「JAGDA School 2018」を2月3日と2月11日の2日間、東京ミッドタウン・デザインハブにて開催する。

「JAGDA School 2018」は、次世代を担う学生に向けて、プロとして第一線で活躍するグラフィックデザイナーが講師となり、現場で培った生きた経験や知識をもとに行う。例年同様、150分のクラスを2日間、計6回開催。1クラスあたり6名の講師が、参加者18名の持ち込むポートフォリオへのレビューを行う。

理論だけにとどまらない「生きた経験や考え方」を伝える授業は、講評の重要性のみならず、講師と参加者の世代を超えた対話を通じて、デザインの未来を支える新しい力を生み出す。また、ほかの参加者に対するレビューを同時に聞けることもこのそれを読むの魅力のひとつだ。

講師は以下のとおり。
居山浩二(イヤマデザイン)、カイシトモヤ(room-composite)、菊地敦己(菊地敦己事務所)、木住野彰悟(6D‐K)、日下部昌子(佐藤卓デザイン事務所)、小玉文(BULLET)、近藤ちはる(原宿サン・アド)、志賀玲子(資生堂)、高田唯(ALL RIGHT)、田部井美奈(田部井美奈デザイン)、中村至男(中村至男制作室)、平野篤史(AFFORDANCE)、三澤遥(日本デザインセンター)、村上雅士(emuni)、目時綾子(バウ広告事務所)、瀬古泰加、藤田佳子(以上サン・アド)、上西祐理、窪田新、小島梢、玉置太一、八木義博(以上電通)、飯田郁、川上恵莉子(以上ドラフト)、池澤樹、岡室健、小野勇介、榮良太、原野賢太郎(以上博報堂)、相澤千晶、久能真理、清水彩香、白本由佳、田中義久、天宅正、吉田ユニ

adulttorrent.org/details/akuma_musume_no_kanban_ryouri

sweet-smoke.com.ua

http://sweet-smoke.com.ua