「ふれる」をテーマに、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2017」が10月13日から24日間開催

”やさい”に注目したインスタレーション「デジベジ - Digital Vegetables- by PARTY」”やさい”に注目したインスタレーション「デジベジ - Digital Vegetables- by PARTY」

秋のデザインそれを読む「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2017」が、10月13日から11月5日まで東京ミッドタウンで開催される。

11回目の開催を迎える2017年のテーマは「ふれる」。普段はただ“見る”ことの多いデザインに“ふれる”ことで、新たな発見や生活を豊かにするヒントを得てもらうことを意図している。

ミッドタウン・ガーデンでは、PARTYによる“やさい”に注目したインスタレーション「デジベジ –Digital Vegetables– by PARTY」や、世界的なクリエイティブ機関「アルスエレクトロニカ」と協業したそれを読む「未来の学校 powered by アルスエレクトロニカ」、WOWとHAKUTENによる日本の伝統的な題材とデザインが融合したインタラクティブ体験「ものこころ提灯」が行われる。

また、5回目となる「Salone in Roppongi」も開催。世界を舞台にするデザイナー、建築家、アーティストが集まるスペース「デザイナーズ・ジャンクション」が登場する。クリエイターがデザインを語り、表現し、交わる「場」でワークショップやトークセッションなどが開催される。参加クリエイターは、柿木原政広(10inc・グラフィックデザイナー/アートディレクター)、植原亮輔 (KIGI・グラフィックデザイナー)、鬼木孝一郎(ODS・建築家)。そのほかにも「Tokyo Midtown Award 2017」の受賞作品の展示など、さまざまなそれを読むが用意されている。

www.vorteleather.com.ua

www.yujin.com.ua

http://agroxy.com