長坂常が手がけるスタンドも登場、日本全国の魅力を編集・発信する「旅する新虎マーケット」が2月24日オープン

長坂常が手がけるスタンドも登場、日本全国の魅力を編集・発信する「旅する新虎マーケット」が2月24日オープン

国際新都心としての街づくりがますます加速している新橋・虎ノ門エリア。2020年には東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムと選手村を結ぶシンボルストリートにもなる「新虎通り」に、日本全国の「ヒト」「モノ」「コト」の魅力を編集・発信する
「旅する新虎マーケット」が2月24日にオープンする。

「旅する新虎マーケット」は“The Japan Connect”を目的とし、約3か月毎にテーマを設け、日本全国の様々な体験を提供。建築家・長坂常が手掛けた4棟の「旅するスタンド」には、日本各地から出展する自治体が有する旬の食やアイテムが集結する。出展自治体は、山形市、湯河原町、高岡市、宇部市、今治市。

また、沿道に設けるテーマストア「旅するストア」は、日本全国から厳選したアイテムを販売、テーマカフェ「旅するカフェ」では、テーマに連動した様々な地域の食材を取り入れたスペシャルメニューが展開される。

Peg MGF for sale

http://biceps-ua.com/

biceps-ua.com