T五

2013 / 五郎丸屋

260年の歴史を持つ和菓子屋の新商品のパッケージ。

菓子の商品開発も含め、クライアントと相談しながらすすめた企画。開封する行為や時間に、豊かさを感じてもらうことを目標にした包みやリーフレットをデザインしました。

写真:小野田陽一 
コピー:高橋修宏 
印刷:山田写真製版所

T五(グラフィックデザイナー)

宮田裕美詠(グラフィックデザイナー)

富山県出身・在住。有限会社クロスを経て、2002年よりフリーランス。おもな企画展の参加に、「TAKEO PAPER SHOW 2014『SUBTLE』」(主催:竹尾/企画:原研哉)、「8人の女たち」(クリエイションギャラリーG8)、「NIPPONの47人 2015 GRAPHIC DESIGN」(企画:ナガオカケンメイ、D&DEPARTMENT PROJECT)、「エアラス・性能と品質」のグラフィックトライアル(主催:特種東海製紙/企画:廣村正彰)など。おもな受賞に、JAGDA賞2016、JAGDA新人賞2013(公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会)、世界ポスタートリエンナーレトヤマ・入選(2006、2009、2012、2015)、日本パッケージ大賞2017・銅賞など。