ripple stool

2005 / 自主プロジェクト

水の波紋が床に投影されるスツール。レンズ形状の水槽と、それを上から照らす高輝度LEDが内蔵されています。座っている人の振動が水面に波紋を生み、その自然なゆらめきを床面に投影します。

ミラノデザインウィーク2005出展。

ripple stool(クリエイティブコミュニケーター/デザイナー)

根津孝太(クリエイティブコミュニケーター/デザイナー)

1969年東京生まれ。千葉大学工学部工業意匠学科卒業。トヨタ自動車入社、愛・地球博「i-unit」コンセプト開発リーダーなどを務める。2005年有限会社znug design設立、多くの工業製品のコンセプト企画とデザインを手がけ、ものづくり企業の創造活動の活性化にも貢献。「町工場から世界へ」を掲げた電動バイク「zecOO」、やわらかい布製超小型モビリティ「rimOnO」などのプロジェクトを推進する一方、トヨタ自動車コンセプトカー「Camatte」「Setsuna」、ダイハツ工業「COPEN」、THEMOS ケータイマグ「JMY」「JNL」、Afternoon Tea ランチボックス「LUNCH WARE」、タミヤミニ四駆「Astralster」「RAIKIRI」などの開発も手がける。ミラノ Salone del Mobile "Satellite"、パリ Maison et Objet 経済産業省 "JAPAN DESIGN +" など、国内外のデザインそれを読むで作品を発表。グッドデザイン賞、ドイツ iFデザイン賞、JIDA MUSEUM SELECTION、ほか多数受賞。2014~2016年度 グッドデザイン賞審査委員。

www.lkredit.com.ua/page/kredit-pod-zalog

migesco

domain pills24.com.ua