玉盃 ながれ

2017 / 「東京手仕事」プロジェクト / 株式会社森銀器製作所

東京の伝統工芸品の魅力を国内外へ発信するプロジェクト「東京手仕事」において、東京銀器の株式会社森銀器製作所と共に開発した「玉盃」。

まるで溶けた銀の「流れ」をそのまま封じ込めたような印象を生み出す盃表面の「折れ面」は、職人による高度な叩き出し技術によって仕上げられている。御酒を注ぐと、盃の中央に玉(ぎょく)が静かに浮かび上る。

製作工程は、純銀の塊を溶かし、延ばし、絞り、金槌での叩き出による表面仕上げまでの全行程に、伝統的な技が活かされている。平成28年度「東京手仕事」において中小企業振興公社 理事長賞を受賞。

玉盃 ながれ(プロダクトデザイナー)

山口英文(プロダクトデザイナー)

1965年東京生まれ。1990年多摩美術大学卒業後、富士通株式会社デザイン研究所にて情報機器のデザイン開発に従事。その後OUZAK DESIGN勤務を経て、1998年よりフリーランスとして活動を開始。現在、株式会社Caro代表取締役。デザインとは「Dear=親愛なる、あなた」へ向けたメッセージだと考え、「デザインが、どのような気持ちを創り出すか?」をテーマに活動中。情報機器・公共機器のデザインから、食器、ステーショナリー、伝統技術を活かした商品開発まで、幅広い分野の開発に参加。おもな受賞には「Red Dot賞(2012 ドイツ)」、「IF DESIGN AWARD (2016 ドイツ)」、「GERMAN DESIGN AWARD WINNER(2017 ドイツ)」、「グッドデザイン賞」など多数。


Buy Sustanon

Buy Tranbolone Acetate online

biceps-ua.com/zhenskaya-viagra.html