集合住宅リノベーション CELL+fabric/wood

2011

CELLは、極小空間が最大限使い尽くされることを目指したSOHOワンルームリノベーション。

設備コア、執務スペース、寝室の異なる3つの領域が、最大限の機能と奥行きを獲得する細胞膜のように、諸要件に対応するように捻じれながら定着している。この境界面によって、視線や光、行為に応答してその様相や領域間の繋がりが変化する。その体験は、思いもよらない発見や驚きがある森に近いかもしれない。

素材による体験への影響を考察するため、木の平面分割と、生地による自由曲面で同一平面を構成した。

(photo:太田拓実)

集合住宅リノベーション CELL+fabric/wood(建築家)

菅原大輔(建築家)

1977年東京都生まれ。日本大学理工学部建築学科卒業、早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。シーラカンス・アンド・アソシエイツ、Jakob+Macfarlane、Shigeru Ban architect Europeを経て、2008年にSUGAWARADAISUKEを設立。地域計画や建築、商業空間やブランディングだけでなく、展覧会の企画や被災地支援活動まで、建築的思考を背景に多岐にわたるデザインを手がける。分野を横断してモノ・コトを扱い、場所と時間の価値を編集することで、新しい時代に求められる「物語る風景」のデザインを目指している。日本建築学会作品選集新人賞、DFA Award 銀賞・銅賞、中部建築賞、JCDデザインアワード2年連続銀賞、キッズデザイン賞など、国内外の受賞歴多数。現在、早稲田大学、日本大学、東洋大学非常勤講師。

SUGAWARADAISUKE

www.apach.com.ua

http://gefest-sv.kiev.ua

моторное масло арал