Fluff 2009 Model

2009

別途掲載の「Fluff」の元になった、2009年のインスタレーション。東京大学で航空宇宙工学を専攻していた際の研究テーマが「パフォーマンスメディアとしての飛行船」であり、その実践のひとつとして実施された。

このモデルにはプロペラと高さ方向を制御するための超音波センサーがついており、空中を航行する。形状はたんぽぽの綿毛からインスピレーションを受けており、Fluffという名前は、たんぽぽの綿毛=Fluff of dandelionから命名された。綿毛の種に相当する部分に、バッテリーや制御回路が取り付けられている。小野恵央氏との共同制作。

Fluff 2009 Model(デザインエンジニア)

吉本英樹(デザインエンジニア)

1985年生まれ、和歌山県出身。博士(イノベーションデザイン工学)。東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業/同大学院修士課程を修了した後、2010年に渡英、Royal College of Art, Innovation Design Engineeringコースにて博士課程を修了。同時にロンドンにてTangent Design and Invention Ltdを創業し、ディレクターとしてすべてのクリエーションを指揮する。「Design and Invention Brand」を名乗り、電子工学、機械工学、プログラミング等の技術を自由に駆使しながら、ブランドとして新しいデザイン家具や空間演出商品を開発・製造・販売している。Lexus Design Award(2013)、Reddot Design Concept Best of the Best Award(2012)、日本人工知能学会全国大会優秀賞(2010)、情報処理推進機構スーパークリエーター認定(2010)など、デザインと工学の両分野において受賞多数。

2016/4/6 9:35
www.220km.com.ua/category/akkumuljatory-lvov/

http://agroxy.com

https://prosto-pereezd.com.ua