文化庁メディア芸術祭 WEB・展示アプリケーション

2015 / CG-ARTS協会

文化庁の主催する「文化庁メディア芸術祭」のWEBサイトと、受賞作品展の来場者の方が展示会場にて受賞作品を閲覧するための展示アプリケーションを制作しました。

「文化庁メディア芸術祭」は国内最大級の芸術祭のため、WEBサイト・展示アプリケーション共に多くのユーザーに好まれる、シンプルかつ使いやすいデザインを目指しています。また、WEBサイトは、「募集・審査・発表・展示」と年間を通して進行する芸術祭のフェーズに合わせ、トップページのデザインが大胆に移り変わっていく事も大きな特徴のひとつです。

文化庁メディア芸術祭 WEB・展示アプリケーション(デザイナー / エンジニア / 映像ディレクター)

平瀬謙太朗(デザイナー / エンジニア / 映像ディレクター)

1986年、サンフランシスコ生まれ。慶応義塾大学SFC脇田玲研究室にてデザインとコンピューティングを学ぶ。2010年、東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻に進学。佐藤雅彦研究室にてメディアデザインを専攻。2013年、フリーランスを経て、メディア表現の未来を考える小さなデザインチーム「CANOPUS カノープス」を設立。デザイナー・エンジニア・映像ディレクター・コンポーザーなど多様なバックグラウンドを持つメンバーが集まり、新しくも廃れることのない普遍的な表現を模索している。2012年、「MEDIA PRACTICE」が文化庁メディア芸術祭、審査員推薦作品選定。2014年、カンヌ国際映画祭にて「八芳園」が短編コンペティション部門ノミネート。

2015/10/7 9:15
https://velomarket.org.ua

узнать больше 220km.com

https://agroxy.com