地球メガネ

2014-2015 / NPO法人Earth Literacy Program

Earth Literacy Program(代表:竹村真一氏)がプロデュースする「触れる地球」は、リアルタイムの環境情報を表示して触って操作できるダイナミック地球儀である。本プロジェクトでは、米NantMobile社が提供するiDeye技術を用いて地球儀の3次元空間内の位置を認識し、タブレットのカメラを通して見ると、オーロラや遺跡など、地球上の位置に対応した3DコンテンツをAR(拡張現実)表示できる「地球メガネ」システムを開発した。2015年の国連防災世界会議などで展示を行っている。

地球メガネ(ディレクター / デザイナー)

児玉哲彦(ディレクター / デザイナー)

10代よりCGを用いたバーチャルリアリティ作品やTV番組向けの映像制作などを行う。慶應義塾大学でCG、ユーザーインタフェース、モバイル、IoTについての研究に従事。学会賞、特許取得等の成果を挙げる。その後スタートアップにて地域情報メディアの開発(App Store Best of 2012、40万人が継続的に利用)、上場企業にてモバイルキャリアの立ち上げとスマートフォンの開発(グッドデザイン賞2014受賞)などを経て、2014年に株式会社アトモスデザインを設立。国内外の大手メーカーからスタートアップまでのさまざまな事業者を対象に、モバイル、バーチャルリアリティ、IoTの分野の製品のデザインおよび開発に取り組んでいる。ビジネスブレイクスルー大学専任講師。博士(政策・メディア)。

2015/9/2 9:15
https://best-cooler.reviews

agroxy.com

Наш важный web-сайт , он рассказывает про охранные системы usm1.com.ua