日本橋 木屋本店 izutuki

2014 / 株式会社 木屋

東京の日本橋で200年以上続く老舗刃物店「木屋」の増床計画。美しい手仕事の道具たちにふさわしい、商品自体が引き立つ空間をつくりだすことを目指した。商品に合わせて一つ一つ棚を設計し、それぞれの棚を壁面全体に差し込む構成とした。棚板をステンレス/スチール/FRP/突板のハイブリット構造にすることで、小口2mmの薄い棚板になる。壁面には商品と紙のように薄い棚の影だけが浮遊し、物が持っている美しさが空間に浮かび上がる。棚板は差し替えが可能で、商品の陳列が変わるとそれに合わせて空間が少し変化するようにしている。人が物と純粋に向き合うための空間である。

日本橋 木屋本店 izutuki(建築家)

萬代基介(建築家)

1980年神奈川県生まれ。2003年東京大学工学部建築学科卒業。2005年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。2005年から2011年まで石上純也建築設計事務所勤務。2012年に萬代基介建築設計事務所設立。2012年から2015年まで横浜国立大学大学院Y-GSA設計助手。主な受賞に、DSA空間デザイン大賞、JCDデザインアワード金賞など。