Infuse / ミラノサローネ2013カネカブース

2013

カネカの有機EL照明パネルの光を見せるインスタレーションに参加しました。使用したテキスタイルは極薄手のポリエステルで、表面はステンレスのスパッタリング加工、裏面はオーロラの様なイメージの色をグラデーションにして特注でプリントしました。光そのものを引き立たせることと、ブースに入る時と出る時で異なる印象をもたらす効果を期待しました。

設計:シナト(大野力)
照明デザイン:岡安泉照明設計事務所

Infuse / ミラノサローネ2013カネカブース(テキスタイルコーディネーター・デザイナー)

安東陽子(テキスタイルコーディネーター・デザイナー)

1968年東京生まれ 武蔵野美術大学短期大学部グラフィックデザイン科卒業後、株式会社布(NUNO)に入社、クリエイティブスタッフとして勤務。2011年に独立し、安東陽子デザインを設立。テキスタイルコーディネーター・デザイナーとして、伊東豊雄、山本理顕、青木淳、シーラカンスアンドアソシエイツ、平田晃久など多くの建築家の空間にテキスタイルを提供している。
photo : Atsushi Nakamichi

np.com.ua/teplovoe-oborudovanie/kotly-pishevarochnye.html

дизайн дома