録 museum

2010 / 録 museum

栃木県の私設美術館である。施主は地域の人々が気軽に訪れるサロンのようなカフェと展示室を望んだため、公園のような場をつくろうと考えた。地元の造園業者と一緒に地元の山の木を見て廻り、設計前にあらかじめどの樹木をどの角度に植えるかを決定した。木々は互いの枝が重ならないように適度に離し、敷地上空が満遍なく枝葉で覆われる計画とし、木の枝ぶりを三次元で測量してコンピューター上にモデリングして再現。そのデータを用いて木々の隙間を縫うように展開する建物を設計した。内部には身体と建築と樹木が寄り添う親密な空間が生まれ、枝葉を避けて歩いたり、木陰で休むといった森の中のふるまいが現れる。

録 museum(建築家)

中村拓志(建築家)

1974年東京生まれ。神奈川県鎌倉市、石川県金沢市で少年時代を過ごす。1999年明治大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。同年隈研吾建築都市設計事務所入所。2002年にNAP建築設計事務所を設立し、現在に至る。建築設計をコミュニケーションデザインと考え、人が自然や建築と関わり、愛着を感じることをモットーに設計している。

масло мотюль

куплю ковер

протеин купить киев