Ribbon Chapel

2013 / ツネイシホールディングス

広島県尾道市のリゾートホテル「ベラビスタ境ガ浜」の庭に建つ、結婚式用の教会である。敷地は瀬戸内の島並みを360度見渡す小高い山の中腹に位置する。世界に類のない構造の建築を実現し、結婚という行為そのものを純粋に空間化した。単独の螺旋は左右にふらつき上下に振動する、きわめて不安定な存在だ。ここではふたつの螺旋を結び付けることで、互いに支え合い自立する構造を生み出した。ふたつの人生が紆余曲折を経てひとつになるように、ふたつの螺旋は頂部で滑らかに繋がる。その軌跡の中心には、ふたりを支え続けた人たちが待つ教会がある.内部には木々の隙間から海を望む80席を配置している。

Ribbon Chapel(建築家)

中村拓志(建築家)

1974年東京生まれ。神奈川県鎌倉市、石川県金沢市で少年時代を過ごす。1999年明治大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。同年隈研吾建築都市設計事務所入所。2002年にNAP建築設計事務所を設立し、現在に至る。建築設計をコミュニケーションデザインと考え、人が自然や建築と関わり、愛着を感じることをモットーに設計している。

https://surrogacycmc.com

medicaments-24.com/levitra-vardenafil/levitra-40-mg/

www.agroxy.com