Optical Glass House

2012 / 個人住宅

広島市の中心部に建つ個人住宅である。プライバシーと静寂のために、道路側に前庭と光学ガラスのファサードを設けた。室内からはどの部屋にいても庭を眺めることができ、その向こうでは、通りを行き交う電車や車やビルが音のない滲んだ風景として生活を彩る。東からの陽光はガラスの屈折によって美しい光紋様を床や壁に描き、水盤型トップライトは雨や風の水紋をエントランスの床に描く。木漏れ日が床に踊り、金属をスパッタリングした超軽量カーテンは、建物前後の2つの内庭の温度差によって風が起こっていることを教えてくれる。都心であっても一日の光や街の変化、季節の移り変わりを感じながら暮らすことのできる住宅である。

Optical Glass House(建築家)

中村拓志(建築家)

1974年東京生まれ。神奈川県鎌倉市、石川県金沢市で少年時代を過ごす。1999年明治大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。同年隈研吾建築都市設計事務所入所。2002年にNAP建築設計事務所を設立し、現在に至る。建築設計をコミュニケーションデザインと考え、人が自然や建築と関わり、愛着を感じることをモットーに設計している。

yarema.ua

www.agroxy.com

mitsubishi.niko.ua/model/eclipse-cross/