シーサイドライン2000型 車両グラフィック

2011 / 横浜新都市交通

シーサイドラインは、横浜市内から金沢八景の間、海岸線を結ぶ路線である。海と空、光と風をイメージから「きらめき」と「躍動感」をデザインコンセプトとして、カラー6色と白色の組合せによる幾何学パターンで構成した。新しい車両グラフィックが、様々なコミュニケーションを誘発し、地域に根ざした、独自色豊かな公共交通を創出することを企図している。

Produce:国吉直行

シーサイドライン2000型 車両グラフィック(グラフィックデザイナー)

菊竹雪(グラフィックデザイナー)

建築家・菊竹清訓を父とし、彼の設計による住宅「スカイハウス」で育ったアーティスティックな環境が、アイデンティティーを確立する源になっている。大学で建築を学び、卒業後は日本デザインセンターに勤務。その後、イタリアに渡り、アンジェロ・コルテージ氏のもとでデザインの視野を広げ、1990年株式会社コンパッソを日本に設立する。また、94年には文化庁派遣芸術在外研修員として、英国RCAで建築、空間、環境にかかわる、既成概念にとらわれないグラフィックデザインを学ぶこととなった。 そういったグローバルな経験から得た視点で、ランドマーク、スペース、車両、工事現場など、空間にかかわるすべてのスーパーグラフィックデザインを行う。

多摩美術大学客員教授/法政大学・日本大学非常勤講師
主な内外の受賞に、Brunel Award、D&AD Yellow Pencil Award、グッドデザイン賞、サインデザイン大賞など。

2013/7/10 0:00
https://sledoc.com.ua

agroxy.com

https://pillsbank.net