dynabook CX1/CX1R

2004 / TOSHIBA / REALFLEET

東芝ダイナブック再生計画として新しい顧客獲得を目的とし、設立されたばかりの株式会社リアル・フリートとPCコラボレーション企画をデザインした。当時は既に大企業の枠組みの中だけで業務を行う事に限界を感じており、製品の機能以上のポテンシャルを訴求できる仕組み作りを模索していた時であった。
外部とのコラボレーション・プロジェクトによって、ダイナブックブランドのレギュレーションを見直すことが可能になったほか、プロパーモデル、RFモデルといったマーケットの違いを上手く利用した販売方法により、双方の販売数を効率よく延ばすことができた商品となった。RFモデルは世界で初めてパームレストに本革を採用する等の各種チャレンジを行ったことでファンの獲得に寄与した。
また、500台限定生産のRFモデルはプロパーモデルに対して10万円程の値差があったが、20日程で完売し、その販売方法とともに伝説を残した。グッドデザイン賞2005受賞

dynabook CX1/CX1R(デザイナー)

田子學(デザイナー)

株式会社エムテド 代表取締役 アートディレクター/デザイナー
東京造形大学II類デザインマネジメント卒。
株式会社東芝デザインセンターにて多くの家電、情報機器デザイン開発にたずさわる。同社退社後、株式会社リアル・フリートのデザインマネジメント責任者として従事。その後新たな領域の開拓を試みるべく、2008年株式会社エムテドを立ち上げ、現在にいたる。現在は幅広い産業分野において、コンセプトメイキングからプロダクトアウトまでをトータルでデザイン、ディレクション、マネジメントをしている。
GOOD DESIGN AWARD、red dot design award、JDCAデザインマネジメント賞、ILS AWARDデザインビジネス賞、他受賞作品多数。

2010年~日本デザイン振興会(JDP)「グッドデザイン賞」審査委員

mail:[email protected]

2012/9/12 0:00
www.farm-pump-ua.com/nandrolondeka.html

agroxy.com

agroxy.com/prodat/zhmyh-159/chernigovskaya-obl