柚木沙弥郎の染色

もようと色彩

柚木沙弥郎の染色

1922年に東京で生まれた柚木沙弥郎は、日本民藝館創設者である柳宗悦(1889-1961)の思想と、芹沢銈介(1895-1984)の作品に啓発されて染色家の道を志す。自身の制作のほか、女子美術大学では後進の育成に力を注ぎ、日本民藝館が主催する日本民藝館展の審査にも長く携わってきた。近年はフランス国立ギメ東洋美術館など国内外で展覧会を開催し、今なお旺盛な創作を続けている。

柚木は、主軸とする布への染色のほか、ガラス絵、版画、立体、絵本、ポスターなど多様な分野にも積極的に取り組んできた。それは少年のような柚木の好奇心が駆り立てたことではあるが、視点を替えれば、形式化や惰性に陥りやすい工芸という営みの中で、自作を生き生きした境地へ循環させるための推進力だったともいえる。

柚木作品の特質は何といってもその生命感のある模様と鮮やかな色彩だろう。柳は「模様の意義を解くことと、美を解くこととは同一の意味がある」としたうえで、「よい模様は直観で捕えられた本質的なものの姿である」「凡ての無駄を取り去って、なくてはならないものが残る時、模様が現れる」と述べている。柚木による約70年の制作活動は、柳の説く指標を真摯に追うものでもあった。

工芸において模様をつくる力がますます脆弱化する現代、柚木が生み出す模様と色彩は、私たちの渇きを荒原に湧いた泉のように潤してくれる。本展では、柚木の染色に焦点を絞り、作者からの新規寄贈品と、日本民藝館の所蔵品を中心に多彩な作品群が紹介される。

開催期間 2018/04/03(火)~2018/06/24(日)
時間 10:00~17:00(金曜日は19:00まで/いずれも入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、祝日の場合は開館し、翌日振替休館)
入場料 一般1,100円/大・高生600円/中・小生200円
参加アーティスト 柚木沙弥郎
会場
  • 日本民藝館
  • 東京都目黒区駒場4-3-33
会場電話番号 03-3467-4527
会場URL
www.np.com.ua

купить Comanche Strada Pro

https://velotime.com.ua