八木麻子個展「色合せを楽しむためのガラス」

八木麻子個展「色合せを楽しむためのガラス」

東京・青山のセレクトショップ・doinelでは2018年で6回目となる、ガラス作家・八木麻子の個展「色合せを楽しむためのガラス」が開催される。

プレート、アクセサリー、オブジェ、花器など、やわらかな色彩と質感を楽しめる作品を発表している八木麻子。板ガラスを用いた「キルンワーク」という技法により、手に触れた時のマットな質感や細やかなグラデーションなど、質感や色のニュアンスをコントロールしてつくられる作品は、ガラスの新たな魅力と可能性を感じさせてくれる。

ブローチやヘアゴム、ピアスといったアクセサリーも人気の高い八木だが、テーブルのスタイリングを見せる楽しさが浸透している今、料理との組み合わせを楽しめるプレートは男性も含めた幅広い層に人気が広がっており、料理家やスタイリストなどからも広く注目を集めている。

本展は新作として角丸フォルムのプレートや、テーブルの主役になるプレートも用意される。

開催期間 2018/06/01(金)~2018/06/12(火)
時間 12:00~20:00
休館日 水曜日
入場料 無料
参加アーティスト 八木麻子
会場
  • doinel
  • 東京都港区北青山3-2-9
会場電話番号 03-3470-5007
会場URL