あそびのじかん

開発好明《受験の壁》(2016年再制作) Photo: 開発好明開発好明《受験の壁》(2016年再制作) Photo: 開発好明

今年の夏休みに東京都現代美術館ではじまる展覧会のテーマは「遊び」。「遊んでないで〇〇しなさい!」と、遊びの時間を「勉強」や「仕事」や「お手伝い」に邪魔されていませんか?このように遊びは日常生活の対極にあり、不真面目で非生産的なものだというイメージをもたれてしまうことがあります。一方で、日常の決まりごとが通用しない遊びは従来の考えやルールを外れて新しい価値や法則を発見するきっかけにもなります。

この展覧会では6組の作家による、こどももおとなも楽しめる作品を紹介します。触ることが出来る作品や、ゲームのような参加型作品など展示室では様々な体験が待っています。しかしここは現代美術館、遊ぶだけでは終わりません。

「ハンドルにアソビを持たせる」という表現があるように、遊びには余裕や緩みという意味があります。車のハンドルはきっちりしているばかりだと快適には走りません。私たちもそれと同じで、「みんなと同じでなくちゃ」、「失敗してはいけない」と、自分を束縛してしまっては息苦しくなってしまいます。本展では遊び心に満ちた作品たちが、そんな束縛をユーモラスにほどいていきます。そこで生まれる好奇心やいたずら心、何か違ったことをしてみようと思う気持ち、それらは創造力の源泉であり、激しい変化の時代を生きるためのヒントになるでしょう。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋/一部編集》

【関連それを読む】
●開発好明
パフォーマンス「木場のダメパンダ」
日時:パンダの気分次第で不定期に美術館内に出没します

●タノタイガ
「《タノニマス》ワークショップ」
日時:8月25日(日) 15:00~16:00
対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
定員:15名(事前申込み制、先着順)
※展覧会のチケットが必要

●野村和弘 トークパフォーマンス
日時:9月15日(日)
13:00~13:10 「私の仕事、古さと未熟さについて」
15:00~15:10 「赤のコルパー」

●TOLTA
朗読&パフォーマンス「この宇宙以外の場所」
日時:9月28日(土) 15:00~16:00
定員:30名(先着順)
※展覧会のチケットが必要

●オトナのための遊び講座
「遊び×仕事」(レクチャー)
日時:8月23日(金) 19:00~20:00
登壇者:服部泰宏(経営学者)
定員:200名(先着順)

●オトナのための遊び講座
「遊び×美術史」(レクチャー)
日時:9月29日(日) 15:00~17:00
登壇者:中尾拓哉(美術評論家)、うしお(出品作家)
定員:200名(先着順)

開催期間 2019/07/20(土)~2019/10/20(日)
時間 10:00~18:00(7/26、8/2、8/9、8/16、8/23、8/30の金曜日は21:00まで/いずれも入場は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(8/12、9/16、9/23、10/14は開館)、8/13、9/17、9/24、10/15
入場料 一般1,200円/大学生・専門学校生・65歳以上850円/中高生600円/小学生以下無料
参加アーティスト 開発好明、野村和弘、ハンバーグ隊、タノタイガ、TOLTA、うしお
会場
  • 東京都現代美術館
  • 企画展示室 1F、3F(B室)
  • 東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場電話番号 03-5245-4111
詳細URL https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/time-to-play/