SNS展 #もしもSNSがなかったら

SNS展 #もしもSNSがなかったら

カルチャーメディア『CINRA.NET』の運営や各種Webメディアの構築などを手がける株式会社CINRAが、東京・秋葉原の3331 Arts Chiyodaにて、SNSを通してみんなでつくるアート展「SNS展 #もしもSNSがなかったら」を開催する。同展では、2018年3月8日から4月10日の間にハッシュタグ「#もしもSNSがなかったら」で公募作品の募集を実施。2000を超える投稿が集まった。

ここ数年で、LINEをはじめ、FacebookやTwitter、InstagramといったさまざまなSNSが登場し、いつのまにか私たちの生活に当たり前のように溶け込んでいる。少し前までは存在していなかったことも忘れてしまうほど、SNSがコミュニケーションになくてはならないものになっている現在、あらためてSNSの存在について問いかけを行う。

本展では、さまざまなジャンルで活躍している6名のアーティストが、「#もしもSNSがなかったら」をテーマにオリジナル作品を発表する。また彼らがキュレーターとなり、公募作品から作品を選出し、本展にて展示される。さらに、CINRAが運営する、自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ『She is』が選んだ6名のアーティストもオリジナル作品を発表する。

開催期間 2018/05/19(土)~2018/05/27(日)
時間 11:00〜20:00
休館日 会期中無休
入場料 無料
参加アーティスト のん、ゆうこす、燃え殻、能町みね子、小山健、濱田英明、最果タヒ、UMMMI.、たなかみさき、塩谷舞、藤原麻里菜、東佳苗
会場
  • 3331 Arts Chiyoda
  • メインギャラリー
  • 東京都千代田区外神田6-11-14
会場URL
詳細URL