風を待たず に-村上慧、牛嶋均、坂口恭平の実践

村上慧《移住を生活する》2014–村上慧《移住を生活する》2014–

熊本市現代美術館では、コレクションや九州に関わりのある作家や活動を紹介する小企画シリーズ「GⅢvol.118」として、「風を待たずに-村上慧、牛嶋均、坂口恭平の実践」が開催される。

村上慧は、2014年より発泡スチロールで自作した家を背負って歩く「移住を生活する」を始めた。村上は、移動で訪れた場所にある民家をペンで描き、歩きながら感じたり考えたりしたことをブログに綴っている。家を背負って移動しているその姿は、まるで家が立ち上がり、歩き出したかのように見えるが、それは土地という固定されたシステムから家を切り離し、私たちが生きる現場へ歩いて近づこうとする行為といえるかもしれない。

福岡県久留米市で家業の遊具製造業を継ぎながら制作を行う牛嶋均は、廃棄された遊具を回収し、鉄として完全にリサイクルされる前に新たな造形の可能性を提示してみせる。遊具の変わらないシンプルな原型の組み合わせは、牛嶋自身による作品の制作・探求であると同時に、鑑賞者にも知的な創造を誘発する。抽象化された遊具は、周囲の景色とともに私たちの社会で常に揺れ動く、目に見えない境界や関係性も自ずと生み出す。

同館コレクションから坂口恭平の作品は、2009年の個展GⅢ vol.67「坂口恭平 熊本0 円ハウス」で公開制作された「坂口自邸」が展示される。台車と自転車が取り付けられている同作は、いつでもどこへでも自力で移動が可能なモバイルハウスだ。開放的なガラス窓で構成された内部空間には、植物(人工植物)が自生している。水平にも垂直にも自由自在な「坂口自邸」は、変化し続ける家主とともにある家の姿が表れているようだ。

本展では、私たちが生きる状況について思考し続けている3人の作家の実践が紹介される。

開催期間 2017/08/30(水)~2017/11/12(日)
※それを読む会期は終了しました
時間 10:00~20:00
休館日 火曜日
入場料 無料
参加アーティスト 村上慧、牛嶋均、坂口恭平
会場
  • 熊本市現代美術館
  • ギャラリーIII、井手宣道記念ギャラリー
  • 熊本県熊本市中央区上通町2-3 びぷれす熊日会館3F
会場電話番号 096-278-7500
詳細URL
www.best-cooler.reviews/category/icemule/

www.agroxy.com

http://ka4alka.com.ua