百年の編み手たち-流動する日本の近現代美術-

靉嘔《田園》1956靉嘔《田園》1956

本展は、1910年代から現在までの百年にわたる日本の美術について、編集的な視点で新旧の表現を捉えて独自の創作を展開した編み手である作家たちの実践として、当館のコレクションを核に再考するものです。

岸田劉生が活躍した大正時代から現在まで、それぞれの時代の「編み手たち」は、その時々の課題と向き合い、「日本の美術のありよう」をめぐって批評的に制作してきました。

本展で試みる日本の近現代美術をめぐる語りは、揺るがぬ史観に基づくものというより、さまざまな要素の選択的な「編集」を通して主体を揺るがせつつ制作を行う作家たちの活動に着目し、その背景を探っていくものです。さらに、時代とともに変化してきた、当館が位置する木場という地域をめぐる創造も紹介します。

日本の近現代美術史のなかに点在する重要な作品群を、当館の3フロアの展示室全体を使って総覧することで、百年にわたる歴史の一側面があきらかになるでしょう。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋》

開催期間 2019/03/29(金)~2019/06/16(日)
時間 10:00~18:00(3/29は20:00まで/いずれも展示室入場は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(ただし4/29、5/6は開館)、5/7
入場料 一般1,300円/大学生・専門学校生・65歳以上900円/中高生600円/小学生以下無料
参加アーティスト 靉嘔、会田誠、靉光、秋山祐徳太子、朝倉摂、阿部展也、有島生馬、池田龍雄、石井柏亭、石田尚志、泉太郎、磯辺行久、伊藤存、梅津庸一、梅原龍三郎、漆原英子、瑛九 他
会場
  • 東京都現代美術館
  • 企画展示室3F、1F、地下2F
  • 東京都江東区三好4-1-1
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL
詳細URL