特別展「縄文-1万年の美の鼓動」

国宝 火焔型土器(かえんがたどき) 新潟県十日町市 笹山遺跡出土 新潟・十日町市蔵(十日町市博物館保管) 写真:小川忠博国宝 火焔型土器(かえんがたどき) 新潟県十日町市 笹山遺跡出土 新潟・十日町市蔵(十日町市博物館保管) 写真:小川忠博

縄文時代が始まったとされる約1万3,000年前。狩猟や漁撈、採集を行っていた縄文時代の人びとが、日々の暮らしのなかで工夫を重ねてつくり出したさまざまな道具は、力強さと神秘的な魅力にあふれている。

本展では「縄文の美」をテーマに、縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品が一堂に集められ、その形に込められた人びとの技や思いに迫る。また、今回期間限定で縄文の美の極みともいえる国宝6件すべてが、初めて勢ぞろいする。縄文時代1万年にわたる壮大な「美のうねり」を体感いただきたい。

開催期間 2018/07/03(火)~2018/09/02(日)
時間 9:30~17:00(ただし、金・土は21:00まで、日・7/16は18:00まで/いずれも入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、7/16、8/13は開館)、7/17
入場料 一般1,600円/大学生1,200円/高校生900円/中学生以下無料
会場
  • 東京国立博物館 平成館
  • 東京都台東区上野公園13-9
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL
詳細URL
интернет магазин матрасов

у нас askona.ua

ссылка askona.ua